日常生活

DSCF2096 (380x285)

アニメをパソコンで見ている。「現代文学」など信用できない。アニメや漫画を見てるほうがいい。「作家をめざしている」という言葉ほどくさいものはない。京都大学に現役合格していても文庫本を置いた棚を見たら貧相である。そういう人間も見てきた。親が文学青年、文学少女だったその子供こそ頭がおかしい。親と同じ能力が自分にも宿ってると信じている。「本当の作品」を書くためには事故にでも遭遇してみないとダメだろう。急に高熱が出て意識障害と筋硬直に襲われて緊急入院した。集中治療室に入った。輸血と点滴を繰り返した。それが過去の僕である。経験こそが「作品」を生み出せる。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント