音のする家

DSCF2096 (380x285)

お昼の散歩中に駅前の誰かがよく座っている場所がある。女性だが五十路か。まあ。いいや。声をかけたら「音楽のことです。高句麗と名乗る前からの国がある。その国が京都や奈良にも滋賀県にも影響を与えている」としゃべりだした。在日コリアンを差別してはいけない。僕が答えた。「もちろんです」と女性の返事。音楽は世界共通言語や。ジョンレノンが国境をなくしたいとイマジンで歌った。それ以来魂の叫びや音楽の意味を考えていると僕は言った。「ぜひきてください。聞きにきてください」と言ってパンフを渡した。文化は地球人のものや。日本だけのものじゃない。領土もエネルギーも地球人のものやと僕はまた言った。女性も僕のぶっ飛んだ考えがわかるようである。コンサートにはいかないよと僕は言って離れた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント