地下室

IMGP0006 (380x253)

「アンネの日記」を覚えているか?アンネフランクの残した日記だが物語に恋する少女による日記には違いない。中学時代に国語の教科書に載っていた。いまではどうなのか?もちろん映画も「名作映画劇場」で見てはいる。少年に淡い恋を抱いた少女がユダヤ人だった。それ以上のことを読むのは「書かれていないこと」を読む行為になる。「書かれていないこと」をどうやって読めと言うのか。「書かれていないこと」を読んだらテストの点がもらえる教育はよくない気がする。アンネフランクが少年に抱く恋心が「肉欲」に変わったとしてもそれはあの年代の少女なら「誰でもあること」である。少女が「自慰行為」をするようになってもそれは「いまでも同じこと」でしかない。だから「アンネの日記」だと言ってしまえばそれで終わる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント