最強

みさき (380x380)

美人の店長がいるフィットネススタジオに通っている。美人の店長が朝から焼き肉を食べたりラーメンを食べたりしても美脚のまぶしい女子には間違いない。バストがちっぱいと言われる小さな胸であった。それは一握りで握れてうわー!と興奮できるからこれでいいのだ。などと言っているとバカボンのパパに僕が見えてもそれは仕方がない。朝に食べよう。一日三食ご飯を食べようとはクリニックの美人の梅ちゃん先生が言うが当たっている。朝にモーニングトーストだけでいいの理屈は夜に食べたエネルギーの消費が残っていると試算した。すると微分方程式を解くよりもまた一次関数の問題よりもたやすいのがこの計算である。解けない人は学校の勉強が足らない。本来数学とは仮定して推理することである。腹八分目でいいと思って減食しだす。ダイエットを考えあるいは金銭的に食事を浮かすことも考えがちのシングルは男女ともに多いだろう。朝に焼き肉を食うくらいのカロリーを食べてエネルギーを作ればあとは昼にもエネルギーを加えても、シメの夕食はエネルギーの少ないものを食べても、肉体に蓄積されたエネルギーは残っている。つまり間食もしなくなりいいっことずくめの状態になるはずである。よって朝にもう一度パワーを充てんする。この繰り返しこそが肉体の健康と安全を生むはずである。朝から焼き肉の方程式の解であるはずと見なせる。最強になるためには必要な計算式である。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント