お茶しない?


いつもいつも悪魔払いの礼子さんが僕を見張っている。そういう確信を持つようになっている。礼子さんも確信犯的プロの手口を使って。悪霊退散のお札を僕の部屋に。まるで。税務署の人間みたいに。貼っていく。そして。「お茶しない?」と笑った。その姿はまるで天使のように見えた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント