こらアカンは

チビと怒鳴った男に電話ボックスに入ったクラークケントが背広を脱いでスーパーマンに変身して。加速した両足で駆けていって思いっきり殴った。男のアートネイチャーがぶっ飛んで顔が歪んだ。スーパーマンのXレイがヒートして男の肉体を消滅させた。もうお前はいらいない。消えてなくなったらいいのだとクラークケントに戻ったスーパーマンがロイスレインにデートしたときに思った。...

最強

高速でも時速で走れない掃除大臣のくせに毎日、肉を食い、お酒を飲む。この方が容認できない。法被をペコが投げてよこした。そうれそうれと法被を着てその気になったのが。僕。最強になった気分だ。燃える闘魂、アントニオ猪木のようにおまえなんかコブラツイストで倒してやるぞ。掃除や。...

お茶しない?

美味しい時間になったら業務スーパーで購入した「おやつ」を食べます。...

最強

カワイイを追求するのには理屈はいらない。毎日お肉と酒浸りの偉い男を自称する輩にはわからないのが大衆の趣味である。最強の大衆こそカワイイを追求する美しきチャレンジャーが大好きです。...

お茶しない?

忙しく歩いているライオン丸娘の姿を見ていると中学生時代を思い出してにこっちになる。胸ちらりと見えた運動会でのライオン丸娘の走りを思い浮かべる。今でもきれいな胸ちらりを期待して見ている午後の夕暮れである。...